難しいからこそ味わえる、
描く喜びや達成感がある

インタビュー

豊田第2事業部

2007年入社

ホーム - 社員紹介

自動車の生産技術経験を経て、ECUの搭載設計に挑戦

2007年に入社し生産技術者として検査ラインのシステム管理や溶接ロボットの検討などを手掛けてきました。現在は「スマートキーの反応を高めるためにはどうしたら良いか?」など、改良を中心とする機能系ECU(エレクトロニック・コントロール・ユニット)の搭載設計に携わっています。生産技術者時代に車両1台分のデータを収集する業務などを行っていたので、車両部品の名前や意味などは一通り理解しているのですが、これまで図面を描いたことがなく、CATIAは新入社員の研修で軽く触れた程度。搭載設計や、CATIA操作もほぼ初心者レベルで、今はリーダーの指示を仰ぎながら、心機一転イチから勉強に励んでいます。

難しいからこそ味わえる、描く喜びや達成感がある

まだまだわからないことが多く、全てにおいて手探り状態ですが、なかでも最も難しいのは他部署との調整業務です。「この辺りに部品を搭載したい」と思っても周辺部品との兼ね合いがあり、周辺部品を担当する部署との調整が不可欠です。それぞれの意見をまとめるのは大変ですが、スムーズに進められるよう積極的にコミュニケーションを取り、できるだけ顔を合わせて話しをすることを心掛けています。今は一つひとつチェックを受け、アドバイスをもらって直しての繰り返しですが、自分の手で部品を描き出すのはとても面白いです。納得のいく形状のブラケットを作成できたときは本当に嬉しく、今までとは違うやりがいを感じています。

生産技術の視点を織り込んだ設計を目指して

思い込みで進めていくのはトラブルのもと。だからこそ、わからないことを素直に伝え、納得した上で進めていくことを大切にしています。今の職場はプロフェッショナルな社員が多数在籍しているため、一つ質問したら10返ってくるような恵まれた環境です。リーダーも「悩んでいることはない?」と気にかけ、声をかけてくれるので心強いですね。今は設計業務を覚えることが目の前の目標ですが、組み立てなど、後工程をリアルにイメージできるのは生産技術を経験した私の強み。将来的には生産技術の仕事を通して培った視点を考慮した設計を目指していきたいと思っています。

ページ先頭へ
Copyright © 2020 Takeda Design and Manufacturing Co.,Ltd All rights reserved.